ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ニコトランスミッション

MN形舶用逆転機は、正・逆転切り換え用の湿式多板油圧式クラッチと逆転用歯車(かさ歯車)を組み合わせて、中立・前進・後進運転を行うようにしたものです。

本シリーズは、MN630形からMN1630形まで9機種あり、最大3310kWまでの低速機関に適用できます。

かさ歯車を介して回転方向を反転させる逆転機構を採用しているため、構造が簡素で保守・点検、取り扱いが容易であり、固定ピッチプロペラを採用する各種漁船・砂利船・内航タンカー等に適しています。

特長

  • 独特な逆転機構の採用により全長を短くした軽量・コンパクトな設計です。
  • 逆転機内にミッチェル型の推力軸受を内蔵していますので、プロペラのスラスト軸受を別に設置する必要がありません。
  • 前・後進の切換えは、空気弁や電磁弁の採用により容易にブリッジなどからリモートコントロールできます。
  • オプションの電子コントローラ装置を装備することにより、微速航行が可能となります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。