ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ニコトランスミッション

SSGY形主軸発電装置は、主に大型の低速機関を搭載する船舶に使用され、プロペラを駆動する中間軸を利用して増速機構を構成し、発電機を駆動する装置です。 この主軸発電装置には、オメガクラッチが内蔵されていて、中間軸の回転速度が変化しても常に発電機の回転速度を一定に保持します。

本装置には、発電機を駆動装置に搭載した発電機直結形(400kW〜540kW)と、発電機を船体に据付けるセパレート形(264kW〜2600kW)があります。

特長

  • 主機関の回転変動、発電機の負荷変動があっても、常に発電機の回転速度(周波数)を一定に保持します。
  • 低質油が使える主機関で発電が行えます。
  • 主機発電により、補機関の燃料費、維持費、整備費などが節減されます。
  • 湿式多板油圧クラッチ方式による定周波であり、電波障害を起こしません。
  • 他の発電機との負荷移動が簡単に行え、補機関駆動発電機との並列運転を行うことが可能です。