ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ニコトランスミッション

写真:クイックシフト式マリンギア

当社は、ツインディスク社(米国)と技術提携を行い、クイックシフト式マリンギアの製作・販売を開始しました。
クイックシフト式マリンギアはツインディスク社が開発し、すでに1,000台以上の実績を持つ、操船の常識を変えた新型マリンギアです。このマリンギアの持つスムーズで滑らかなシフトにより、船をより効率的に、より安定的に走行させることが可能になります。

用途:レジャーボート、取締船、調査船、高速旅客船、測量船、漁船等

特長

クラッチの嵌入は瞬時でスムーズ

  • 応答時間は従来型に比べ、数段速い嵌入が可能です。
  • クラッチの嵌入時間は従来型に比べ、比類のない早さを実現します。

自在な操作が可能

  • ワンハンドルで狭い港内などでの操作が自在です。

トローリング時の制御性が優れている

  • マリーナでの離岸・接岸が容易です。
  • パトロールやフィッシングに最適です。

ショックのない操船が可能

  • 各部品の耐用年数を大幅に延ばせます。
  • 乗客、乗務員のストレスを軽減します。

クイックシフト式クラッチと従来型クラッチの違い

左:クイックシフト式クラッチ 右:従来型クラッチ

従来型のクラッチでは低い圧力から漸次昇圧させていますが、クイックシフトは、シーケンスバルブ制御式の2段クラッチピストンを採用し、嵌入の初期段階で内周側の小ピストンエリアへ定格圧力に近い圧油を供給します。これにより、より早くクラッチに圧油が充満され、シフトの応答時間を大幅に短縮します。
その後、所定の圧力に上昇すると、シーケンスバルブが開いて外周側の大ピストンエリアにも圧油が供給され、クラッチは完全に結合されます。